中学受験の難しさ

中学受験が高校受験と比べて難しいと言われているのは、その試験範囲の狭さです。小学校の六年間に教わった授業内容が受験範囲となりますので、問題を作る側も少しいじわるな問題を出してきます。そのため、学校のテストではいつも満点を取っているようなお子様でも、受験のテストの場合には半分もとれない可能性もあるのです。

もちろん小学校の六年間が試験範囲の基礎になってくるのは間違いありませんので、学校での勉強をおろそかにする事はできません。 その上で中学受験を専門に行っているような所に通うことで、中学受験に合格する為に必要な知識を得る必要があるのです。中学受験は学校の勉強とは違った難しさがあります。 また、保護者の方のバックアップも重要になってきます。夏休みなどは夏期講習を行ったり、夏合宿などもある塾もあります。

平日は帰りが遅くなると危険性も出てきますので、塾までの送り迎えなどもあります。 もちろん、家庭でもしっかりと勉強しなければいけませんので、自宅での勉強なども時間を作って確認してあげられるような環境造りなども必要になってきます。家庭学習を効率化させるために、勉強は特別なのではなく、 トイレに行ったり歯磨きをするような自然な行為であるように仕向けるテクニックも必要になってくるのです。